スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日刊対談パート1

(⌒・⌒)ゞイヤァ日刊さんやってくれますねぇ
「ムサシ」W主演対談・・・3回連続!!

WS000616.jpg

素敵やぁ~

以下サイトより~
小栗 がっかりです!
藤原 ブハハハッ。
小栗 当時の小栗旬が見た藤原竜也は、すごくストイックで大きな存在だった。でも、6年間で過大にイメージしてたみたい。実際は、超いいかげんなヤツでした。
藤原 無駄な6年だったね。えっ? 小栗ですか? 汚い! 芝居も私生活も(笑い)。僕らでどんな化学反応が起きるか楽しみにしてたけど、逆に染まりそうで、けいこ場でも距離を置いてるんですよ…ってまぁ、冗談です。僕が絶対的に手を触れていない芝居をすんなりとする人。そんな小栗とゼロから作り出すことが楽しい。
小栗 演劇的な振る舞いは、やっぱり竜也には及ばない。かわすとかユルい感じの芝居は僕が得意で、竜也は真っすぐな芝居がすごい。オレらがフュージョン(融合)したら、お互いのできない部分を補え合えると思う。
藤原 全く違うね。もう、芝居やキャラクターから違う。それが面白いし、それを脚本家の井上先生がよく見ていてくれてる。面白い小次郎と武蔵で、そのセリフを掛け合っている。本当にそのまんま小栗と藤原って感じなんです。
小栗 今回の出演の最初の決め手は、やっぱり藤原竜也と共演させてもらえることだった。
藤原 小栗にはね、ある種の潔さを感じているんです。けいこ場にすべてを捨てて来ている。それはこっちを気持ちよくさせて、現場にはいい風を吹き込んでくれる。それを感じて、僕の中でもがっつり入っていけるようになった。僕には特別な共演者です。
藤原 けいこ中にすごいなとは思わないよね。向こうが仕掛けてきた芝居や、つくり上げてきたことに対して、自分をどこまで持って行けるかということ。
小栗 竜也も含めて今回のメンバーは「親しき仲にも礼儀あり」の家族みたいな感じ。バカ話で砕けることはいつでもできる。でも、誰しもが「お前油断したら、1人だけ後れ取っちゃうよ」みたいな空気を絶対に持っている。それがすごくいい緊張感を生んでるんです。

次回も楽しみ~
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

藤原竜也 2ちゃんねる

★White Day・・・・・・------★ ハートのクッキーが入った、とてもキュートな【ホワイトデー】のお返し♪ 藤原竜也×白石加代子 身毒丸 復活 特別版【ポニーキャニオンキャンペーン対象商品】商品価格:9,261円レビュー平均:5.0【送料無料&30%OFF!!】

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マム

Author:マム







最近の記事
最近のコメント
携帯さんこちらから☆
携帯さんこちらから☆
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

*
ブログランキング・にほんブログ村へ
リンク
book
ブログ内検索
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。